女の人

不動産投資セミナーの選び方を学んでおきましょう

借主負担費用を保証

積み木

家賃以外の費用も保証

不動産運用において、マンションや賃貸物件などを貸して賃料収入を得る場合があります。貸すときには一定の審査を行い、保証人をつけてもらって貸します。連帯保証人であれば、保証人に賃料などを求めることもあります。退去の時の費用なども求められます。物件運営では、借主が賃料を払わなかったり、明け渡しに応じないなどのトラブルが生じる場合があります。時間がかかるうえ、その分物件がうまく運用されません。賃貸保証会社を利用すれば、その時にかかる家賃や費用などの対応をしてもらえます。賃貸保証会社のメインの業務は、家賃の保証です。それ以外に、訴訟費用であったり、退去に関わる費用などにも対応してもらえます。借主が負担すべき費用を保証してくれます。

業者を選ぶ必要がある

マンションなどを保有して人に貸す場合、すべて自分で行うこともあれば、すべてを管理会社に任せる方法もあります。通常は、借主との仲介のみ不動産業者に依頼することが多いですが、最近はすべてを業者に借り上げてもらう方法もあります。賃貸保証会社は、賃貸物件運営時に利用する業者の一つです。管理会社とは異なり、賃料の保証をしてくれる専門の会社になります。賃貸保証会社と契約をしておけば、借主に保証人を求めなくて済みます。通常の保証人よりも安心して賃料などの回収ができます。利用する側とすれば、業者を選定しなければいけません。いろいろな会社がありますから、資産状況であったり、借主との交渉をどう行うかなどをチェックする必要があります。